平成30年8月19日 ルピロ10周年記念講演会の様子

    多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

平成30年12月7日

 子ども家庭ソーシャルワーク研究会

 事例検討会の予定を更新しました。

 平成31年1月18日(金)です。

 

   会場はUホール(中区城北)になります。

 

 詳細はこちら

第28回子どもソーシャルワーク研究会.pdf
PDFファイル 132.8 KB

 平成30年11月8日

 子ども臨床事例検討会

 

 11月12月はお休みです。

 

平成30年8月23日

 浜松市発達相談支援センター ルピロ

 開設10周年記念講演会を開催いたしました。

 多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

ルピロ10周年講演会.pdf
PDFファイル 467.4 KB

 ルピロ ホームページも併せてご覧ください。

平成30年7月26日

 法人定款を更新しました。

 法人事業概念図を更新しました。

平成30年1月28日

 第7回 新春講演会を開催いたしました。

 多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

第7回新春講演会チラシ.docx
Microsoft Word 813.6 KB

平成29年9月22日

 子ども臨床アセスメント研究会

   2018 新春講座のご案内を更新しました。

 平成30年2月18日です。

 参加ご希望の方は予定に入れておいていただくよう、お願いします。

 詳細はこちら

 

 昨年度新春講座の報告、アンケート結果の内容はこちら 

しずおか・子ども家庭プラットホームは、下記の活動を行っているNPO機関です。

  1. 子育てに困難をきたしているケースへの支援・相談
  2. 子どもの支援機関への支援・研修、コンサルテーション
  3. 支援機関同士の連携促進・症例検討会、連携支援

プラットフォーム(platform)とは


「プラットフォーム」とは、駅のプラットフォームでもわかるように、乗り物の発着場や足場を意味しています。また、演壇など意見交換の場という意味もあります。(研究社 新英和辞典)。

 こうした意味からプラットフォームには、どっしりとして上に乗ってもビクともしない、確固たるというイメージが湧いてきます。さらには、頼りがいのある、信頼できる、ということも想起されます。

 この法人は、子どもと家庭、支援機関、また個々の支援者を下から支えるプラットフォームを目指しています。