子ども臨床アセスメント研究会(通称:アセス研)のご案内

NPO法人しずおか・子ども家庭プラットフォームでは、心理職の人材育成事業として

「子ども臨床アセスメント研究会」(通称:アセス研)を開催しています。

 

「子ども臨床アセスメント研究会」の目的は、心理アセスメントの力をつけることや

地域において心理職同士の横の繋がりをつけること等で、臨床心理士の研修ポイントが 取得できる研究会です。

入会の手続きを行って会員になると、包括システムによるロールシャッハテスト等の定例勉強会、季節ごとの講座等に参加することができます。

定例勉強会は、毎月第2火曜日19時~21時で、包括システムによるロールシャッハテストのコーディングから学んでいます。勿論、初心者も歓迎です。

詳しくは定例勉強会の案内をご覧ください。

子ども臨床アセスメント研究会(通称:アセス研)の目的と内容

 

子どもと家族の臨床に携わる者の心理アセスメントの力を高めるため、 包括システムによるロールシャッハテスト等の定例勉強会(毎月第2火曜日)を開催する。
各種の心理検査等を習得し臨床へ役立たせるため、研修や講座を開催する。
臨床心理士の継続研修の場として位置付ける。(ポイント取得)

 

※ 本会の規約はNPO法人のHP http://www.npo-platform.com/に掲載します。

 

*入会方法*

 

子ども臨床アセスメント研究会が主催する定例勉強会や講座へ参加するには「入会申込書」(別紙・HPにも掲載)へ記入し、欄外の事務局メールアドレスあてに添付送信してください。

 

入会するには、子どもや家族の心理臨床に携わっている方で、子ども臨床アセスメント研究会の会員1名以上の推薦と役員会での承認が必要です。

 

また、A会員(NPO法人しずおか・子ども家庭プラットフォームの会員)とB会員(NPO法人しずおか・子ども家庭プラットフォームの会員ではない)の2種類があり、A会員は研修や講座の受講料について割引があります。

入会申込書

アセス研入会申込書.xls
Microsoft Excel 45.5 KB

会費についてはこちらをご覧ください。

アセス研会費.docx
Microsoft Word 15.9 KB

<子ども臨床アセスメント研究会 役員>

 

会 長:藤田美枝子 (聖隷クリストファー大学)

副会長:松下恵美子 (ダダ第2クリニック)

事務局長:大場いずみ (メンタルクリニック・ダダ)

役 員:内山 敏  (浜松市発達障害者支援センター ルピロ)

役 員:高井義文  (浜松市発達障害者支援センター ルピロ)

役 員:猪原裕子  (磐田市発達支援センター はあと)

 

【 事務局および問い合わせ先 mail : assessken@gmail.com 】