子ども臨床アセスメント研究会 2019年臨床解釈講座のご案内

中村紀子先生を講師にお招きし、アセスメント研究会の恒例となっております臨床解釈
講座を今年度も開催します。 
一事例のコーディングと解釈を一日かけてじっくりと行います。
包括システムによるロールシャッハテストの基礎から臨床実践まで丁寧に学ぶことが
できます。 
どうぞ、奮ってご参加ください。(臨床心理士のポイントになる予定です)
 
講座名 包括システムによるロールシャッハテスト 臨床解釈講座
日時  3月10日(日)9:30~16:30
会場  クリエート浜松4階 特別会議室
受講費 10,000円(本NPO会員の方は8,000円)
事例提供者  森慧太郎 先生(メンタルクリニック・ダダ)
事例タイトル「漠然とした不安を抱えている不登校生徒のロールシャッハ・テスト事例」
事例の概要  日常的に漠然とした不安を抱えながら過ごす不登校生徒の事例です。
ロールシャッハ・テストのデータから漠然とした不安がどのような要因から生じている
のかを検討し、人との交流のあり方や心のあり方についてより理解を深めていきたいです。
 
*ご不明な点がございましたら、事務局(assessken@gmail.com)までご連絡下さい。 

子ども臨床アセスメント研究会への入会はこちらから

 

冬季講座の報告、アンケート結果はこちらから

 

子ども臨床アセスメント研究会(通称:アセス研) 会長:藤田美枝子(聖隷クリストファー大学)

【事務局および問い合わせ先:mail: assessken@gmail.com 】